ハッスルのおすすめエネルギー補給術

サプリメントをどのように摂取すればよいのでしょうか?
レースにおける摂取のタイミングの例を示します。

詳細を見る

例えば、消費エネルギーについて考えてみましょう。
世界トップレベルのランナーは42.195kmを2時間ちょっとで走ります。しかし、私たち市民ランナーは、4時間、5時間、場合によっては制限時間ギリギリの7時間でゴールする方もいるでしょう。
もしスタート時間が午前9時だとして、仮にゴールまでに4時間かかるとしたらどうでしょう? 午後1時まで何も食べずに走り続けることになるのです。ましてやフルマラソンを走りきるために必要なカロリーはおよそ2500kcal。普通に生活していてもお腹がすいて力が入らなくなる時間なのに、わずか数時間でこれだけのカロリーを消費しているとなると、普通の朝食だけではゴールまでエネルギーが保つわけがありませんね。ましてや、ゴールまでに5時間、6時間かかる場合は尚更です。
これがレース中に補給が必要になる理由のひとつです。

商品画像

マラソンで力を発揮するパワーアイテムはおおきく3つ

つまり、お腹がすいたから食べるのではなく、レース途中で力尽きないため、壊れた筋肉を修復するため、そして何よりレースを楽しむために、レース中でも自分自身にパワー与え続けてあげなければいけないのです。

マラソンで力を発揮するパワーアイテムはおおきく3つに分けられます。ひとつ目はアミノ酸。ふたつ目は糖質、3つ目はその他の電解質やクエン酸などです。具体的にご紹介しましょう。

商品画像

アミノ酸

ヒトのカラダは約10万種類のタンパク質で構成されていると言われています。そしてそれらのタンパク質は、たった20種類のアミノ酸の組み合わせによって成り立っています。
そのアミノ酸を大きく分類すると、カラダの中で合成できる「非必須アミノ酸」とカラダの中では合成できない「必須アミノ酸」の2つに分かれます。「非」という言葉はあまり適切ではないのですが、要はカラダの中で作られるので、必ずしも対外から摂取しなくても何とかなるという程度の意味のようです。

非必須アミノ酸

まず非必須アミノ酸ですが、体内で合成されるアミノ酸の中で非常に重要なもののひとつがL-グルタミンです。L-グルタミンは体内のアミノ酸の6割以上を占めると言われていて、カラダの中の様々な働きをサポートしています。特に筋肉の修復を促進するという点が、いま各方面のランニング関係者の注目を集めています。
練習で蓄積した疲労からの回復を早めてくれたり、レース中に破壊された筋肉の修復に役立ったりといったことが期待されます。ハードな練習を積極的に支えてくれる強い味方になってくれるでしょう。ハッスルのおススメ商品は、サプリメント先進国で医療レベルと認定された「アミノピュア」です。原材料も明確に100%サトウキビと謳っているところが、大きな安心感を与えてくれます。

商品画像

必須アミノ酸

次に必須アミノ酸ですが、これはBCAAという言葉で知っている方も多いでしょう。BCAAとは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」という3つのアミノ酸の総称です。これらは「必須アミノ酸」と呼ばれ、人間が生きていく上で必要なアミノ酸であるにもかかわらず体内で作り出すことが出来ません。
運動をすると、BCAAはエネルギー源として分解されやすく、筋肉の部分的な破壊が起こり、筋力の低下につながります。そして筋肉の損傷は疲れに直結しますから、回復を助けるサプリメントが欠かせません。 アリストの「アミノダイレクト」は、BCAA2000mhに加え、クエン酸2000mg、シトルリン、アルギニン、グルタミンなどが含まれ、破壊された筋肉の消耗をカバーしてくれます。
アミノダイレクトは1包あたり7gなので、直接口に含んで水などで流し込むことができます。レースに持参して、エイドなどで摂取すると、とても重宝します。

商品画像

また、同じくアリストの「スーパーメダリスト」は、BCAA4000mgにクエン酸3000mg、オルニチン、シトルリン、アルギニン、グルタミンなどを含み、カフェインも100mg配合されています。
スーパーメダリストはアミノ酸などの含有量も高いのですが、1包あたり11g入っているので、口に直接含んで飲み込むのはちょっと厳しいでしょう。水に溶かして良く振って飲むのがお奨めです。練習後などに落ち着いて飲むのがお奨めです。

商品画像

糖質

前述したように、フルマラソンなどの長い距離のレースに出るときやロング走の際には、およそ2500kcalのエネルギーが必要と言われています。
エネルギーはおもに脂肪を燃焼することで生み出されますが、その段階で必要になるのが糖質です。また、糖質は、脳にとってのほぼ唯一のエネルギー源とも言われています。

ところが、人間がカラダの中に蓄えることができません。肝臓と筋肉にある糖質の量は、多くても400g程度。カロリーにすると1200kcalほどしかありません。
何も食べずに走り続けていると、糖質が枯渇して脂肪燃焼回路は停止し、エネルギーが出なくなりますので脚の動きは一気に悪くなります。さらには脳へのエネルギー供給も止まって血糖値が下がってくると、頭がボーッとしてくるばかりか、脳は運動をやめるようにカラダに信号を送り、それが疲労感となってドッと現れてきます。
よく30kmの壁などと言いますが、まさにこうした状況に陥っている人が少なくないと思われます。
となると、走行中でも糖質を体内に送り込んであげることが絶対条件となります。
そこで役に立つのが糖質系サプリメントです。
レース中に補給する糖質サプリは、エネルギーを生み出す元になるほかに、血糖値を保ち、疲労感を軽減するという目的があります。失速を防ぐために欠かせないアイテムです。
ハッスルでは、「メイタン・サイクルチャージ」と「ショッツ」という2つの決定版商品をお奨めしています。特に、レース後半では、両製品に用意された“カフェイン入り”が絶対のお奨めです。

商品画像

電解質/クエン酸

さらに、運動中にカラダが必要とするのが、電解質とクエン酸です。
汗が発生するとき、水分と一緒に失われていくのが、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラル=電解質です。
筋肉はカルシウムイオンの放出によって収縮と弛緩を繰り返して運動を行います。この働きを助けるのがマグネシウムです。そして、そうした運動を制御するため神経細胞とともに働くのがナトリウムとカリウムです。つまり、電解質が不足すると筋肉の運動が阻害され、収縮や痙攣が起こる、いわゆる「脚つり」という症状につながります。

しかし、こうした電解質は体内で合成することができないため、食事やサプリメントで摂らなければいけません。水に溶かして飲む「メイタン・電解質パウダー」と、脚の本来の力を引き出す「メイタン・2RUN」がお奨めです。
そして、疲労軽減に役立つのがクエン酸です。
「クエン酸サイクル」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか? 体内でエネルギーを効率よく産出するための、エネルギー変換の一連の流れのことです。 クエン酸は、梅干し、レモン、みかん、グレープフルーツなどに含まれている酸っぱさのもとです。運動中にクエン酸の働きが低下すると、乳酸が発生しやすくなり、疲労感につながります。カラダがぐったりと疲れると、酸っぱいものを食べたり飲んだりしたくなるのはそのためです。
そこで、乳酸を分解して体外へ排出し、乳酸の生成を抑制する作用があるクエン酸を、運動中にも摂取することがとても大切になります。クエン酸は血流を改善したり、ミネラルの吸収を促進したりもするので、美肌効果もあると言われています。
レースでのパフォーマンスを落とさず、無駄なくエネルギーを生み出すために、クエン酸のサプリメントを活用してみましょう。アミノ酸の項目でも紹介した「スーパーメダリスト」が、クエン酸をはじめBCAAやオルニチン、シトルリンなどをバランスよく配合していて、クエン酸サイクルとオルニチンサイクルをダブルで活性化するのに役立ちます。
また糖質の項目でご紹介した「メイタン・サイクルチャージ」には、ビタミン、ミネラルのほか、クエン酸が豊富な梅肉エキスも配合されています。あわせて、どうぞ!

商品画像
商品画像

アミノピュア Lグルタミン

アミノピュアは、厳選された食用のサトウキビを何段階もの製造工程を経て精製し、薬用レベルのものだけを使用したL-グルタミンパウダーです。高品質、高純度を追求するエマウス・メディカル社の、妥協のない信念が、米国のUSPグレード認定の取得に現れています。

詳細を見る
商品画像

メイタン・サイクルチャージ

大阪の梅丹本舗(メイタンホンポ)がアスリートのために開発した強力なサプリメントが、この「メイタン・サイクルチャージ」。商品名にサイクルと付いているように、自転車愛好者のために開発されたエネルギー補給食です。

詳細を見る
商品画像

メイタン・電解質パウダー

電解質パウダーは、脱水を防ぐためのパウダータイプの飲料です。水に溶かして飲むことで、発汗によって失われる水分やミネラルをすばやくカラダに吸収してくれます。これもサイクルチャージ・シリーズと同様、サイクリストのために開発された商品です。

詳細を見る
商品画像

メイタン・2RUN

足つり防止に注目して開発されたサプリメント35キロ過ぎでなぜか足がつってしまう人、1袋162円です。一度お試しあれ。

詳細を見る
商品画像

メイタン・トップコンディション

日々の練習で疲労したカラダを、レースに向けて順調に整えて、レース前に最高のコンディションを保つために、1日1包(22粒)を、まずは2週間続けてお試しいただき、その効果を実感されてみてください。

詳細を見る
商品画像

アミノダイレクト

マラソンレースを走っている間に、筋肉は少しずつ破壊されていきます。そこで、そうした損傷した筋肉をリカバーしながら走ることが、大切になってきます。 アミノダイレクトをレース中に定期的に摂取することをおすすめします。

詳細を見る
商品画像

スーパーメダリスト 9000

出ました!! 決定打のアミノ酸&クエン酸飲料の登場です。アリストから登場した新製品「スーパーメダリスト 9000」は、クエン酸とBCAAの含有量を高めた、ハイスペックなアスリート向けドリンクです。

詳細を見る
商品画像

ショッツ エナジージェル

ショッツは、消化されやすい多糖類のマルチデキストリン100%なので、吸収が速く、すぐにエネルギーになってくれます。高カロリーで吸収は早いけれど、血糖値は急激に上昇しない。つまりインシュリンショックの予防にもなる、安心のエネルギー・ジェルです。

詳細を見る

ナチュラルフード

さて、ここからは上記のようなサプリメントとは別に、食事の話です。
走れるカラダのことをいつも考えているランナーにとっては、日々の食事もおろそかには出来ません。必要な栄養素がバランス良くしっかりと摂れることに加え、出来る限り添加物を含まず、かつ美味しい食事を求める方は少なくないと思います。
そこでハッスルランニングでは、ミネラル・鉄分・食物繊維が豊富で、抗酸化作用や体重維持も期待できる、まさにランナーにピッタリのシリアを作りました。それが、自然派グラノーラ「ナッツクレージー」です。
白砂糖は使わず、本物のバニラから抽出した香料と、カナダ産メープルシロップで優しい甘みを出しています。 毎朝の朝食にいかがでしょうか? ぜひ一度お試しください!

詳細を見る
商品画像