GARMIN
ForeAthlete 735XTJ
フォアアスリート 735XTJ

正規日本版
「株式会社いいよねっと」1年間保証

¥46,000(税込)

ForeAthlete735XTJ BlackGray

ForeAthlete735XTJ BlackGray
フォアアスリート735XTJ ブラックグレー

チャージングクリップ、操作マニュアル付属

(正規日本版)「株式会社いいよねっと」1年間保証

¥46,000(税込)

ForeAthlete735XTJ MidnightPurple Pink

ForeAthlete735XTJ MidnightPurple Pink
フォアアスリート735XTJ ミッドナイトパープルピンク

チャージングクリップ、操作マニュアル付属

(正規日本版)「株式会社いいよねっと」1年間保証

¥46,000(税込)

ハートレートセンサーHRM4-Run

ハートレートセンサーHRM4-Run
ガーミン純正
ForeAthlete735XTJ対応

¥12,300(税込)

ハートレートセンサーHRM-Tri

ハートレートセンサーHRM-Tri
ガーミン純正
ForeAthlete735XTJ対応

¥16,900(税込)

ガーミン純正ACアダプタ

ガーミン純正ACアダプタ
(USB)

¥2,600(税込)

スピードセンサー・ケイデンスセンサーセット

スピードセンサー・ケイデンスセンサーセット
ガーミン純正

¥11,800(税込)

カート カートに入れる

ハッスルランニングでForeAthlete 735XTJをご購入の方に、もれなく「ハッスルオリジナル ガーミンGPSウオッチ 使いたおし読本 for ランニング」をプレゼントいたします!

ガーミンのGPSウォッチは、うまく活用できれば、これ以上ない素晴らしいランニングパートナーになります。ですが、その中身は実はコンピュータ。使いこなすためには、目的を持って向かい合うことが大切です。
「使いたおし読本 for ランニング」は、単なる機能説明書ではありません。ランニングの様々なシーンで求められる多岐にわたるニーズを、ガーミンのどの機能を使えば満たせるのか?という観点でひたすら突き詰めた一冊です。
言わば、ランニングに特化して、ランナー目線で制作した、ガーミン使いこなしのためのアイデア&ヒント集です。
約40ページに及ぶ「使いたおし読本」の内容のいくつかが、少しでもランナーの皆様のお役にたてれば嬉しく思います。

※ 「使いたおし読本 for ランニング」は非売品です。ハッスルランニングでガーミン本体をご購入された方に限定で進呈しております。

使いたおし読本

手首心拍計を装備し、ルートナビ機能を搭載した高性能モデルが登場!
マルチスポーツ対応のForeAthlete 735XTJ

ガーミンのGPSウオッチ日本版、ForeAthleteシリーズに高性能な新機種 ForeAthlete 735XTJが追加されました。
日本版に用意されたカラーは、ビジネスシーンでもOKな落ち着きのあるブラックグレーと、華やかで気持ちも上がるミッドナイトパープルピンクの2種類です。

ForeAthlete 735XTJの特徴を乱暴にもひとことで言ってしまえば、手首で計る光学式心拍センサーが付いたFA235Jに、マルチスポーツ対応のFA920XTJの機能を乗せてしまったモデルということが出来るでしょう。
両者のイイとこ取りをした735XTJは、すべてのランナーにお薦めできる、完成度抜群の製品だと思います。

ForeAthlete 735XTJ

大好評の手首心拍計を標準搭載!

手首で計る心拍計は、一般的に精度の面で胸部心拍計に劣ると言われています。確かに、あとから計測結果のグラフを見ると、ところどころで数値が瞬間的にブレているような部分も見受けられます。しかし、ハッスル社員が使い込んでみた感想としては、ランニング中における両者の計測表示にそれほど顕著な違いは見られず、走っている最中に参照する分には不都合を感じることは全く無いというのが率直なところです。

FA735XTJは、235Jで採用されたものと同様の光学式心拍センサーを搭載しています。
センサーは時計本体の裏面に組み込まれていますが、本体裏蓋の中央に直径18mmくらいの円形の出っ張りがあり、それが台形状に2mmほど高くなっています。

はじめは「これで腕から浮き上がったりしないのかな?」と心配になりましたが、逆に時計が左右に少し動いても、突起部分は腕にピッタリと張り付くようになるため、光が漏れることもほとんどありません。この構造が計測精度の高さを生み出しているようです。
センサーが腕に密着すると、3点照射方式による緑色のLED光が発せられ、手首の血管の中を流れるヘモグロビン量を読み取って心拍数を測定します。

本体の裏面にある光学式心拍センサー

出っ張りがあるからと言って、分厚くて重いという印象はありません。センサー込みの時計本体の厚みはわずかに11.9mm、重さはたったの40.2g。なんと235Jよりも僅かながらですが軽いというから驚きです。
また、ガーミンの手首心拍計が他社と一線を画している理由のひとつが、肌の色や外光の強さによって、LEDの照射光量を自動的に変化させるという優れた機能です。

胸部に巻いて付ける心拍計はストレスを感じるのであまり好まないけれど、心拍が計測できる高性能なGPSウオッチが欲しいという方には、是非このFA735XTJをお試しいただきたいと思います。

ForeAthlete 735XTJ

最大4分割が可能な大画面、ウルトラにも対応する長時間バッテリー

ForeAthlete735XTJの液晶画面のサイズは直径31.1mmと、630J、230Jと同サイズになっています。画素数は215×180ピクセルです。
この画面を最大4分割にすることが可能で、用意された(なんと!)150項目の中から自分の好きなデータを表示させるよう自由に設定することができます。
しかも、ガーミン独自の低反射カラーディスプレイにより、ギラギラ輝く太陽光の下でも、文字がくっきりと浮かび上がるように見えます。

そして、連続バッテリー駆動時間は、GPSと光学心拍計を使用した状態で最長14時間と、100kmウルトラマラソンにも十分に耐えられる容量を備えています。
これならば、通常の練習から長距離レースまで、1台でしっかりカバーすることができます。そして更にスゴいのが、次にご紹介するルートナビゲーション機能です。

最大4分割できる画面

ガーミンの真骨頂!ルートナビ機能

ForeAthlete735XTJには、いくつかのナビゲーション機能が搭載されています。
スタートした地点に戻る「トラックバック機能」や、あらかじめ登録した地点に向かう「ポイントナビゲーション」も非常に便利なのですが、フリーのロング走のとき等に役立つ超便利機能が「ルートナビゲーション機能」です。
実はこの機能は、メーカーのいいよねっと社では“コーストレーニング機能”と呼んでおり、操作マニュアルにもコーストレーニングと記載されています。
あらかじめガーミンコネクトで作成したコースデータをFA735XTJに転送しておき、そのデータを地図の形で呼び出すことで、事前に想定した走行ルート通りに走ることを可能にする機能です。これ、本当に秀逸です。
確かに、あらかじめ“コース”を決めて“トレーニング”するので、コーストレーニングという呼び方で正しいのですが、ハッスル社員は、ロング走のときに自分自身の走るルートを導いてくれるという点で、「ルートナビゲーション」と呼ばせてもらっています。

ルートナビゲーション機能

この機能は、すでにForeAthlete920XTJで採用されているので、ご利用になっている方も多いと思います。
実は、ハッスル社員は今年の春に、JR東日本が企画した「ウルトラマンスタンプラリー」の全駅を、FA920XTJのルートナビゲーション機能を駆使して、走って制覇するという試みを行いました。
もし、ルートナビ機能がなかったら、これほど短い時間で全駅を巡ることは不可能だったでしょう。
ご興味がある方は、是非こちらをご覧ください。

ウルトラマンスタンプラリー全駅をひと筆書きで走る!

オプションの心拍計を使って、走りのデータを分析

ForeAthlete735XTJは、内蔵された光学心拍計とは別に、オプション(別売)の胸部装着型心拍計(ハートレートセンサーHRM4-RunもしくはHRM-Tri)を装着してペアリングすることで、様々なデータの取得が可能になります。
その代表格が、自分の走りの特徴が浮かび上がってくる、アドバンスド・ランニングダイナミクス・データです。
アドバンスド・ランニングダイナミクス・データとは、上下動幅、上下動比、ピッチ(1分間のステップ数)、接地時間(1000分の1秒単位で表示)、接地時間の左右バランス、歩幅のことを指し、走っているときの自分の詳細な分析データを知ることで、ランニングフォーム改善の一助とすることができます。
ハッスル社員も、最初はどうってことのないデータだと思っていたのですが、ピッチや接地時間などが、その時々の自分の状態で変わってくるのを知り、決して侮れないデータとして活用するようになりました。今では、左右の接地時間バランスの違いが気になって気になって仕方ありません。

アドバンスド・ランニングダイナミクス・データ

また、オプションの対応心拍計を使って導き出される数値が、「乳酸閾値」、「ストレススコア」です。

「乳酸閾値(LT: Lactate Threshold)」とは、運動の付加を少しずつ高めていった時に血中の乳酸値が急に上昇し始めるポイント(閾値ペースおよび閾値心拍数)のことを指しており、この閾値を維持したトレーニングを行うことで、効率的、安全に持久力向上が期待できるという指標となっています。
ForeAthlete735XTJでは、心拍トレーニングをする際の心拍ゾーン設定の基準に、この乳酸閾値を適用することができます。

ハートレートセンサーHRM4-Runを使って導き出される乳酸閾値

乳酸閾値を算出する際の前提データとして必要になるのがVO2Maxです。VO2Maxは標準装備の光学式心拍計で計測されます。
「VO2Max」は、体重1kgあたり1分間に取り込むことができる最大の酸素摂取量のことで、FA735XTJでは、これを基準としてマラソンの予想タイムを自動算出してくれます。この値は日々トレーニングを重ねていくことで上昇していきますので、現在の自分自身の能力がどのくらいまで達しているかを知るための非常に分かりやすい指標のひとつとなります。

VO2Max

また、現在のストレス度合いを計測してくれる「ストレススコア」機能も搭載されました。
ストレススコアは、3分間安静にして、リラックスした状態で計りますが、毎日なるべく同じ時間に計測すれば、普段の状態と比べて今日はどの程度の体調なのかを知ることができますので、その日の状態によってはハードなトレーニングを避けたり、休養を入れたりしようという目安にすることが出来ます。
ちなみに、ストレススコア計測を行うには、「ラン」や「バイク」などのアクティビティ選択一覧の一番下に現れる「アプリ」から選択します。ちょっと分かりづらい場所にあるので、覚えてください。

ストレススコア

これらの使い方などは、ハッスルランニングでガーミン本体をご購入いただいたお客様にプレゼントしている「ガーミンGPSウオッチ 使いたおし読本 for ランニング」でも詳しくご説明しています。

参考までに、カタログには「FTP(実効パワー閾値)」も測定できると書いてありますが、これはバイク用のパワー計と連動して利用する機能なので、ランニングでは使いません。
同様に、Variaリアビューレーダーに対応しているという記述も気になるところですが、これは後ろから車が近づいて来るのを知らせてくれるというとても便利な機能ではあるものの、別売のセンサーをバイクに取り付けてペアリングする必要があるので、今のところランナーにはまったく関係ない機能になります。ちなみにこの機能を使うと、写真のように画面左側に表示が出ます。

Variaリアビューレーダー

手首を顔の前に上げるだけでライトが点く!?

ForeAthlete735XTJには、夜の練習での走行中に、時計をした腕を自分の顔の前にすっと持ち上げるだけで、画面のバックライトが自動で点灯してくれるという超便利機能が搭載されています。「リストターンライト機能」と呼ばれています。
これまでは、自分でいちいちライト点灯ボタンを押すか、常時つけっ放しにしておくしか無かった(バッテリーを食う!)ので、これは大変有り難い機能です。

画面のバックライトが自動で点灯してくれる「リストターンライト機能」

マルチスポーツ対応!スイムでも心拍計測が可能に

ForeAthlete735XTJは、複数のスポーツモードへの切り替えを簡単に行うことが出来ます。標準で用意されたスポーツモードは、ラン、ラン屋内、バイク、バイク屋内、プールスイム、スイム屋外、トライアスロンの7種類。
別売のハートレートセンサーHRM-Triをペアリングすることで、水泳中でも心拍数を計ることができるというところがスゴいです。HRM-Triは、水中にいるときは心拍データを心拍計内に記録して、水中からあがった時に本体へデータを送信するという賢いヤツです。
もちろんFA735XTJは、バイク用のスピードセンサー、ケイデンスセンサー、パワーセンサーにも対応していますが、FA920XTJに用意されたクイックリリースキットのようなオプションのマウントは用意されていませんのでご注意ください。

標準で用意されたスポーツモード「スイム屋外」

その他にもこんな魅力的な機能が!

もはや常識!ライフログ機能を搭載し、日々の活動量を計測

Gセンサー内蔵だから、GPSをロストしても計測が中断されない

日本版ガーミンの独自機能「自動位置ラップ」も当然搭載

ガーミンユーザーに好評のワークアウト機能が利用可能

パフォーマンスコンディション機能で前回のトレーニングからの回復度合いを5段階で評価、
トレーニング負荷のコントロールが可能に

Bluetoothでスマホと連携してデータ転送が行えるほか、
ラップなどのメッセージをヘッドフォンで聞けるオーディオアラート機能も搭載
(※ 一部スマホ機種は非対応)

ガーミンのソフトウェアダウンロードサイトConnectIQから様々なアプリを入手可能

最後に、一点だけ注意点を。ForeAthlete735XTJにはWi-Fi通信機能は装備されていません。FA630JにはWi-Fi機能が付いているので一瞬勘違いしますが、最近はハッスル社員も、ほとんどスマホとのBluetoothでの自動連携で済ませてしまっているので、Wi-Fi接続が出来ないことで困るようなことは概ねありません。

さあ、ガーミンのテクノロジーの集大成とも言えるForeAthlete735XTJで、あなたのランニングライフをさらに豊かなものにしてみませんか?

走って発見 関連記事

走って発見 走って発見 記事一覧