GARMIN
ForeAthlete 235J
フォアアスリート 235J

正規日本版
「株式会社いいよねっと」1年間保証

¥37,800(税込)

ForeAthlete235J BlackRed

ForeAthlete235J BlackRed
フォアアスリート235J ブラックレッド
チャージングクリップ、操作マニュアル、リバースカラー交換ベルト付属
(正規日本版)「株式会社いいよねっと」1年間保証

¥37,800(税込)

ForeAthlete235J BlackOrange

ForeAthlete235J BlackOrange
フォアアスリート235J ブラックオレンジ
チャージングクリップ、操作マニュアル、リバースカラー交換ベルト付属
(正規日本版)「株式会社いいよねっと」1年間保証

¥37,800(税込)

ForeAthlete235J BlackGreen

ForeAthlete235J BlackGreen
フォアアスリート235J ブラックグリーン
チャージングクリップ、操作マニュアル、リバースカラー交換ベルト付属
(正規日本版)「株式会社いいよねっと」1年間保証

¥37,800(税込)

ガーミン純正ACアダプタ

ガーミン純正ACアダプタ
(USB)

¥2,600(税込)

クイックリリースキット

プレミアムハートレートセンサー
ガーミン純正
ForeAthelete 235J 対応

¥8,200(税込)

カート カートに入れる

ハッスルランニングでForeAthlete 235Jをご購入の方に、もれなく「ハッスルオリジナル ガーミンGPSウオッチ 使いたおし読本 for ランニング」をプレゼントいたします!

ガーミンのGPSウォッチは、うまく活用できれば、これ以上ない素晴らしいランニングパートナーになります。ですが、その中身は実はコンピュータ。使いこなすためには、目的を持って向かい合うことが大切です。
「使いたおし読本 for ランニング」は、単なる機能説明書ではありません。ランニングの様々なシーンで求められる多岐にわたるニーズを、ガーミンのどの機能を使えば満たせるのか?という観点でひたすら突き詰めた一冊です。
言わば、ランニングに特化して、ランナー目線で制作した、ガーミン使いこなしのためのアイデア&ヒント集です。
約40ページに及ぶ「使いたおし読本」の内容のいくつかが、少しでもランナーの皆様のお役にたてれば嬉しく思います。

※ 「使いたおし読本 for ランニング」は非売品です。ハッスルランニングでガーミン本体をご購入された方に限定で進呈しております。

これだけの機能を満載して、この価格!?
心拍計も内蔵されたForeAthlete 235J

ガーミンのGPSウオッチ日本版、ForeAthleteシリーズに新機種が登場です!
その名はForeAthlete 235J。

用意されたカラーは、レッド、オレンジ、グリーンの3色。これまでのガーミンとはひと味違うスタイリッシュなデザインが、モチベーションを高めます。
価格を抑えた普及モデルでありながら、ランニングに求められる機能を惜しげも無くつぎ込んだ、コストパフォーマンス抜群の製品と言って良いと思います。
その特徴を簡単にご紹介していきましょう。

もはや常識?手首心拍計を標準搭載!

手首で計る心拍計は、精度の面で胸部心拍計に劣ると言われていますが、ハッスル社員がランニングで使い込んだ結果としては、両者の計測結果にそれほど顕著な違いは見つけられないというのが率直な感想です。

235Jの心拍計に精度の確かさをもたらしているのは、その構造にあります。
センサーが時計本体の裏面に組み込まれているのですが、本体裏蓋の中央に直径17mmくらいの円形の出っ張りがあり、それが台形状に2mm程度高くなっています。ここから、手首の血管の中を流れるヘモグロビン量を測定するための緑色のLED光が照射され、心拍数を計測します。しかも3点照射の新方式が、計測の安定性を感じさせます。

出っ張りがあるからと言って、分厚くて重いという印象はまるでありません。
センサー込みの時計本体の厚みは、わずかに11.7mm、重さはたったの42gです。
前モデルのFA225Jでは、このセンサーの周りに、外からの光を遮断するためのラバーライトシールというゴムのパットのようなものが付いていたのですが、今回のFA235Jでは、このゴムが無くなっています。3点照射によるセンサーの精度向上によって不要になったという判断なのでしょうか?

また、ガーミンの手首心拍計が他社と一線を画している理由のひとつが、肌の色や外光の強さによって、LEDの照射光量を自動的に変化させるという優れた機能です。上記のラバー構造が不要になったのも、この機能の精度向上が一因かもしれません。
胸部に巻いて付ける心拍計はストレスを感じるのであまり好まないという方は、是非このFA235Jをお試しいただきたいと思います。

画面が大きい、4分割でも見易い

FA235Jの液晶画面は、ディスプレイのサイズが直径31.1mm。前モデルの225Jと比べて20%大きくなりました。画素数は215×180ピクセル。もちろん低反射カラー液晶です。
20%というと、そんな変わりがないように思われるかもしれませんが、比べてみると一目瞭然です。見た瞬間の印象は随分違います。

そのお陰か、画面分割できる最大表示項目は3項目から4項目に変更されました。画面が大きいので4項目でも見にくいということはないと思います。

さらに、選択可能なデータ項目の数は現時点で47項目にも及びます。225Jのデータ項目数が17項目だったのと比べると格段の違いです。今までの感覚からすると、とてもこの価格で買えるGPSウオッチとは思えません。
もちろん、平均%HRRだとかゾーン分布だとか、人によってはなかなか使わないデータもあるかもしれませんが、気温や方角などが表示できるのは有難い機能です。

カスタマイズできるフリーのページ数は2ページ。ここの好きなエリアに、自分が見たい項目を自由に配置できるわけです。4項目×2ページなので合計8項目を選べます。
その他に、心拍や時計の表示をオン/オフにすることが可能です。

ベルトが柔らかい!さらに交換ベルトが標準で付属!

写真では分かりずらいと思いますが、FA235Jのベルトはとても柔らかくて、ソフトです。穴の感覚も細かいです。
だから、腕に長時間巻いていても、擦れるとか痛くなるとかいうことにはなりにくいと思います。

そしてFA235Jの憎いポイントは、色違いのベルトが何ともう1本オマケで付いてくるというところ。カラーは、表と裏の色が逆転した組み合わせとなっています。
例えば、ブラック/グリーンの場合だと、購入時にセットされているのが「表がグリーンで、裏がブラック」なのに対し、交換ベルトは「表がブラック、裏がグリーン」というちょっと洒落たカラーリングです。
ブラックを表にすれば、仕事の時にも気にせずに付けていくことが出来そうです。

腕を目の前に持ってくるだけで、ライトが点く?!

これにはハッスル社員も驚きました。
走っている時に腕を前後に大きく振っていてもライトは点灯しないのに、腕を上げて時計のフェイスを顔の前に持ってくる動きをするだけで、バックライトがパッと自動点灯するのです。「リストターンライト機能」と呼ぶそうです。
これ、本当に便利です。

いままで夜間ランニングの際に、ペースなどを確認しようと思った時には、いちいちライト点灯ボタン(電源ボタン兼用)を押さないといけなかったのですが、これからはそんなひと手間が不要になります。

普段の生活の心拍も取れて、ライフログ機能も搭載

手首心拍計が付いていることはご説明しましたが、ランニングの時だけでなく、通常時の心拍数も普通に見られるようになった点が素晴らしいです。
ご覧のように、過去4時間の心拍数の推移がグラフで表示され、自分の生活内での変化の様子が一目瞭然に分かります。

また、遂にライフログ機能が搭載されました。歩いたり動いたりした運動量がステップという単位に置き換えられて表示されます。
これによって、一日の活動量が客観的に見えるようになり、運動不足の傾向があればMoveアラートで知らせてもらうようにも設定できます。
もちろん、ランニングで走った運動量もステップに変換され、加算されますので、走った日には満足感もひとしおです。

その他にもこんな魅力的な機能が!

Gセンサー内蔵だから、GPSをロストしても計測が中断されない

日本版ガーミンの独自機能「自動位置ラップ」も当然搭載

GPS連続稼働で11時間のバッテリー性能

ガーミンユーザーに好評のワークアウト機能が利用可能

スマホと連携してデータ転送が行えるほか、
ラップなどのメッセージをヘッドフォンで聞けるオーディオアラート機能も搭載
(※ 一部対応しない機種があります)

最大酸素摂取量(VO2Max)が計算され、マラソンの予想タイムを自動算出

より精緻な心拍計測を求めるなら
プレミアムハートレートセンサー(胸部用)が接続可能

サイクル向けのスピード/ケイデンスセンサーとも連携

ガーミンのソフトウェアダウンロードサイトConnectIQから
様々なアプリを入手可能

残念ながら、上位機種であるFA920XTJに搭載されているナビゲーション機能(目的地までの道案内をしてくれる機能)などには対応していませんが、一般的なマラソンレースに必要とされる機能はすべて網羅された、GPSウオッチとしては十二分に満足できる一台に仕上がっています。
次のメイン・ウオッチとして、ぜひご検討ください。

走って発見 関連記事

走って発見 走って発見 記事一覧