ガーミン何がどう違う

商品画像

現在提供されているForeAthlete製品は「935」「735XTJ」「630J」「235J」「230J」の5機種です。

商品画像

機種選びは何を基準にする?

ガーミンは機能を絞ったエントリーモデルから、ウルトラマラソンやトライアスロンでも活用できる高機能モデルまで、幅広いラインアップを揃えていますが、だからこそ難しいのが、どういう基準で機種選びをすれば良いのかということです。

詳細を見る
商品画像
商品画像

ForeAthlete 935
ForeAthlete 935

「935」は、従来の9xxシリーズの最新機種で、シリアスランナーのためにとことん軽量コンパクト化を目指して開発されたガーミンのフラグシップモデルです。いまランニングウオッチに求められる機能を惜しみなくつぎ込みながら、尚且つ前モデルの920XTJより12gも軽い49gというライトボディを実現しました。しかも手首で計測する光学式心拍計は標準搭載。そして何より液晶画面が30.4×30.4㎜と大幅に拡大しました。

詳細を見る
商品画像

ForeAthlete 735XTJ
フォアアスリート735XTJ

「735XTJ」は、腕で心拍が計測できる235Jの手軽さと、ルートナビゲーションなど920XTJの多彩な機能を併せ持った、ガーミン渾身の新製品です。
「低反射カラーディスプレイ」搭載で、とても見易い大画面。操作は左右側面に配置された5つのボタンで行います。GPSと光学心拍計をオンにした場合の連続稼働時間は14時間で、もちろんマルチスポーツ対応。ウルトラマラソンにも耐えうる能力を備えた、満足感十分の一台です。

詳細を見る
商品画像

ForeAthlete 630J
フォアアスリート630J

感圧式の高性能タッチパネルに、16時間連続駆動バッテリーを搭載。視認性の高いカラー大型液晶が走りに安心感を与えます。専用心拍計を使えば、上下動比や左右の接地時間バランスも計測。乳酸閾値を活用したワンランク上のトレーニングも可能に。

詳細を見る
商品画像

ForeAthlete 235J
フォアアスリート235J

手首で簡単に計測できる光学心拍計を内蔵した最新モデルが「235J」です。
強い外光に照らされても見え易い低反射カラーディスプレイと、さらに大きくなった液晶サイズが、ガーミンの先進性を物語っています。連続駆動時間も11時間と一般的なレースには十分なバッテリー性能を備え、ライフログ機能も搭載されました。

詳細を見る
商品画像

ForeAthlete 230J
フォアアスリート230J

人気のベーシックモデルが、フルモデルチェンジ!視認性に優れた大型液晶に、16時間のロングライフバッテリーを搭載して、圧倒的なコストパフォーマンスを実現しました。ライフログ機能も標準装備され、毎日腕に付けていたい一台です。

詳細を見る

さらにガーミンのスゴいところは、常に技術の進化の最先端を走っているということです。GPSランニングウオッチの新機能はいつもガーミンから生まれます。さすがに、GPS機器の世界的な老舗メーカー。日本ではあまり知られていないのですが、ポータブルナビ(カーナビ)の市場では、ガーミンは世界シェアNo.1を誇っています。
ハッスル社員も9年前からガーミンのGPSウオッチを愛用していますが、年ごとに、その急速な進化を体感している一人です。とにかく計測精度は新しいモデルが出るたびに確実に進歩していますし、機能も次から次へと拡充しています。

商品画像

ガーミンの「日本版」の位置づけ

ガーミンの「日本版」の位置づけについて簡単にご説明します。
ガーミンのGPSランニングウオッチの「日本版」には「ForeAthlete」という製品名称が冠されています。さらに製品名の最後に「J」が付きます。これに対して海外版は「ForeRunner」という名称で区別されています。
「日本版」の違いは、単に日本語で表示されるというだけではありません。海外版にはない、日本版だけのオリジナルの機能が満載されています。日本語版とせず「日本版」としているのは、そういう理由によります。
920XTJを例に挙げると、「位置ラップ機能」、「準天頂衛星みちびき対応」、「スプリットタイム表示」、「ラップ詳細履歴の簡単移動」などが日本オリジナル機能です。 特に、位置ラップを自動で取ってくれる設定があるのは非常に重要だと思います。
日本のユーザーの意見を積極的に取り入れ、完成度をさらに増した製品こそが「日本版」なのです。

商品画像

ガーミンは機能を絞ったエントリーモデルから、ウルトラマラソンやトライアスロンでも活用できる高機能モデルまで、幅広いラインアップを揃えていますが、だからこそ難しいのが、どういう基準で機種選びをすれば良いのかということです。
多くの機能を搭載している機種の方がより良いものだろうことは分かるものの、そうした機種は決して価格もお手軽ではありませんし、大きさや操作性という点でも好みが分かれるところです。

機種選びは何を基準にする?

商品画像